Loading

厚真町社会福祉協議会に50万円の支援金を拠出しました。

北海道地震の復興支援として、厚真町社会福祉協議会様へ2019年4月29日に50万円の支援金を拠出しましたのでご報告いたします。

厚真町社会福祉協議会様HP

支援の経緯、事務局による視察

厚真町社会福祉協議会様への支援を決定した経緯については以下の通りです。

2019年3月4日に事務局にて地震の被害が大きかった厚真町へ視察に行ってきました。

ご対応いただいた、厚真町役場総務課研修防災グループ、そして社会福祉法人厚真町社会福祉協議会のご担当者様からお話しをお伺いしました。

【被害について】

・厚真町吉野地区は13世帯が崩壊して、1世帯以外はすべてお亡くなりになってしまいました。

・幌内地区、高岡地区、富里地区は現状、仮設住宅の方が多い。

・現在仮設住宅で暮らしている方は124世帯、282名。

・公営住宅27世帯、63名。

【現状困っていること】

・仮設に入ってモノとかある程度、揃ってきているが、2020年いっぱい(2年間)で仮設住宅がなくなるので、それまでに町で街づくりの計画を立てて、町営住宅を建てたりしていかないといけないと考えている。現在は町営住宅はすべてうまっている。安心して住めるところが欲しい。

・先日、余震があり、いつ地震が来るかという精神状態。

・20~30の仮設住宅がいろいろなところで出来ているので、そこのコミュニティーとしてのコミュニケーションを高めていきたいので、生活支援相談員が中心でキッカケをつくって地域の人たちが動きやすいサポートをしている。そのための催し事などを行うので、その時の活動費や地域としてやらなくてはいけないことの活動に使えると有難い。

【お金の使い道について】

・町への直接の支援金だとどこへ使うというのは言い切れないが、社会福祉法人厚真町社会福祉協議会さんへの寄付であれば仮設の人に使ってほしいというピンポイントの要望に応えることはできる。

・社会福祉法人厚真町社会福祉協議会は専任2名ですべての施設を回っている。

支援の決定

以上を踏まえて、会頭判断により支援が決定し、50万円の支援金を拠出しました。

継続的な支援活動にご協力よろしくお願いいたします。

NPO法人日本商店会では、今後も継続的に支援活動を展開してまいりますので、何卒ご協力よろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 平成30年台風21号お見舞い申し上げます。

  2. 支援先企業へカキの購入支援、ロゴ制作など実施しました。

  3. 熊本地震への支援活動報告

  4. 宇城市長名で支援活動のお礼の手紙が届きました

  5. 東日本大震災への支援決定ならびにご協力のお願い

  6. 【東日本大震災】支援金の提供のご報告

  7. 南三陸のラーメン屋さんを支援

  8. 4団体への支援金拠出のお知らせ

  9. 中古船舶の提供が三陸新報に掲載されました。  

経営問答/限定映像

ピックアップ記事

PAGE TOP