Loading

熊本益城町の西村町長に表敬訪問してきました。

2017年9月6日、熊本県益城町の西村町長に表敬訪問してきました。益城町は熊本地震で支援させていただいた自治体です。

「年間予算100億円。震災復興負担は292億円。」

西村町長にお話をお伺いすると、益城町の年間予算は100億円。そこに震災の復興にかかる自治体負担として292億円がのしかかってきている、とのことでした。くわえて、現地の工事の単価も2倍に上がってしまって「いまでは公共事業に入札すらしてもらえません」という状況に。

 

職員を守りたい、街を守りたい、という強い想い

じつは東日本大震災では、自治体職員が震災後の対応で、心身ともに疲弊してしまうケースが相次いだそうです。もちろん自分も被災者、家族をなくした人も、まだ見つからない人もいる。それでも役所の人間として対応しないといけない、という過酷な状況。

西村町長は「あんな悲しいことは絶対に益城町ではおこしたくない」「職員を守りたい」「街を守りたい」と強くおっしゃっていました。そしてそのためには「みなさまの応援がどうしても必要」とのことでした。

 

現地に足を運ぶ

日本商店会では支援の一環として「現地に足を運ぶ」ことを継続していきたいと思います。

なおこの活動は、すべて会員の自己負担で行なっており、みなさまからお預かりした支援金は一切利用していません。みなさまからお預かりした支援金を活用した支援については、現地のニーズを確認して決定させていただきます。その際はまたご報告させていただきます。

関連記事

  1. 支援先企業へカキの購入支援、ロゴ制作など実施しました。

  2. 中古船舶の提供が三陸新報に掲載されました。  

  3. 被災地(南三陸)の視察〜支援活動内容の決定

  4. 宇城市長名で支援活動のお礼の手紙が届きました

  5. 南三陸のラーメン屋さんを支援

  6. 北海道胆振東部地震への支援金拠出のご報告

  7. 4団体への支援金拠出のお知らせ

  8. 平成30年台風21号お見舞い申し上げます。

  9. 支援活動の開始ー物資の仕分け、提供

経営問答/限定映像

ピックアップ記事

PAGE TOP