Loading

熊本県益城町の「益城町災害対策本部」へ、義援金として 1,345,226円 を振り込みました。

義援金振込の経緯

当会の支援金口座へたくさんのご支援ありがとうございました。2016年4月17日以降現地入りして実際に支援活動をしてきたなかで、「物資の提供」は現地の受け入れが中止されていること、また実際に必要とされているのは、現地でのがれき撤去などの人的リソースであること、そしてその人的リソースのマネジメントは現地自治体が行っていること、などの理由から、「現地自治体への現金提供」がもっとも直接的な支援になる、と考えた結果です。

振込金額の算出について

「熊本支援」にみなさまからご提供いただいた金額から実際に利用した金額の差額を、すべて現地自治体(今回は最も被害の大きかった益城町)へ拠出することとなりました。

継続支援基金へのご入金金額合計:2,719,177円
震災支援へ利用した金額合計:1,373,951円

振込金額:1,345,226円

今後当会としては、現地と連絡を取り合いながら継続して新しい支援の形を検討してまいります。引き続きのご支援をお願いいたします。みなさまの多大なるご協力に心より感謝申し上げます。

会頭 増田恭章

関連記事

  1. 被災地への中古船舶の提供報告(3年間で累計23隻)

  2. 厚真町と厚真町社会福祉協議会に50万円ずつ(合計100万円)の支援金を拠出しました。

  3. 平成30年7月西日本豪雨、お見舞い申し上げます。

  4. 被災地(南三陸)の視察〜支援活動内容の決定

  5. 台風15号支援活動のお知らせ:千葉へ支援物資をお届けしました。

  6. 中古船舶の提供が三陸新報に掲載されました。  

  7. 東日本大震災への支援決定ならびにご協力のお願い

  8. 【東日本大震災】支援金の提供のご報告

  9. 平成30年台風21号お見舞い申し上げます。

経営問答/限定映像

ピックアップ記事

PAGE TOP